怖れを乗り越えるのは信頼

Sensual life.com へようこそ。

少し前に
「自分を慈しむために労力を使ってみる♡」
という記事を書きました。

そもそも何故に
このようなことをする気になったのか?

やはり最初は、

有ったものが無くなってしまった…
きっと悪い方向へ変化していくに違いない…

と思ったことによる「怖れ」からだったと思います。

「閉経したって案外平気よ~」
「わたくしまだまだ十分イケてるし~」

とか書いてますが(恥)

こんなお気楽な感じに思えるまでは
それなりにいろいろ挫折も味わいました。
これはまた別の機会に(笑)

わたしたちは変化をするとき、「怖れ」を感じます。

仕方ないですよね。
だってもうこれ以上傷つきたくない…。

自分自身を守るための最大の防衛本能なんです。

でも「怖れ」は

まだ来ていない
起きるかどうかもわからない
「未来」に対して感じているもので、
まだ何も起きていないのが真実なのです。

「怖れ」は自分の中にある幻想なんです。

怖くたって仕方ない。
でもその「怖れ」はきっと、
必要以上に想像力膨らませちゃってるだけなのです。

そう思って自分をヨシヨシしていると、
そのうちちゃーんと落ち着いてこれます。

そして
事実は事実として向き合って。

自分はどうなりたいのか?
自分はどうありたいのか?
自分は何をしたいのか?
そのために何かできることはあるのか?

そんな想いを持ちながら、
何でも試してみるといいと思います。

わたしの場合も、
はじまりは「怖れ」からだったけれど

いろいろ試していく中で

それにちゃんと感化され
よい方向へ変化していく自分。

自分を慈しめば慈しむほど
ちゃんとそれに応えるココロとカラダ。

それがなんだかうれしくって。

気が付いたら
自分自身を信頼できるように
なっていたような気がしています。

「わたし大丈夫だな」って。

「怖れ」を乗り越えるのは「信頼」です。

自分を信頼していくことによって、
自分以外のものも信頼できるようになります。
見える世界が変わっていきます。

自分を慈しむために、
まずはちょっとした労力を使ってみましょう。

お風呂タイムで大好きなアロマを使う?

華やかなペディキュアを塗ってみる?

バストケアもいいかも?

自分を大切に丁寧に扱う♡
それだけの価値が自分にはあるのです。
是非、思い出してくださいね。

関連記事

  1. カラダの声を聴く

  2. 自分を慈しむために労力を使ってみる♡

  3. 「出来事」には「事実」しかない

  4. 愛情ホルモン

  5. 父の日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ

友だち追加