自分を慈しむために労力を使ってみる♡

Sensual Life.com へ ようこそ。

前々回から引っ張ってきました(笑)
オススメのセルフオイルケアのお話です。

もう何年も前になるのですが、
インドでアーユルヴェーダの
オイルトリートメントを体験しました。

日本のサロンのような優雅さは
これっぽっちもない診療所のような場所で(笑)

でもそれがすごく良くて。

それから興味が出て調べてみると。

アーユルヴェーダって、
インドの伝統医療だけれど、

インドで暮らす人たちは、

心と体の健康を保つことを目的に、
当たり前のように毎日の生活に取り入れてる

らしい…
ということが解ってきたのです。

瞑想やヨガ、呼吸法、食事療法…
そしてオイルトリートメント。

へぇ~ 自分でできるんだ♡

オイルって、
実は骨の髄まで浸透するものらしく。

全身にオイルを浸透させることで、

ココロとカラダに溜まっている
未消化物や毒素を取り除いて、
必要な栄養分を補充する

自分のオイル交換

というイメージらしい。

そしてなにより

「老化防止」

が、いちばんの目的らしい。

なんという
魅惑的なワードなのでしょう♥

わたしはすぐに飛びつきました(笑)

ポイントは
①キャリアオイルと言われるオイルを使うこと
②塗布した後は温まって発汗する
③空腹時にする(疲労時や生理中もNG)

できるだけ毎日とのことだったので、
わたしは毎晩お風呂で実践しました。

オイルはマッサージ用のセサミオイルを使用。

特に大切なのが、
頭皮と耳(中も!)と足首から下
とのことで入念に。

あとはデリケートゾーン(中も!)
も丁寧に♡

マッサージというよりは、
毎日カラダとコミュニケーションしながら、
オイルを入れ込んでいくと感じで行ってます。

このオイルケアを日々するようになって、

とにかく「スッキリ」した(笑)
そして「潤った」(いろんなところが♡)

まず最初の2ヶ月くらいで
驚くほど浮腫みが取れてスッキリして
肌艶もしっとりと潤って、
「オンナっていいな♡」って(笑)

毎日オイルを塗り塗りするのが楽しくて
なんだか自信まで出てきたんです(笑)

その感動が忘れられなくて
ずっと続けているのかも。

もちろん人によって
合う合わないはあると思います。

なのでオイルケアじゃなくても
全然いいんです。

とにかく何でもいいから

自分を慈しむために労力を使ってみる♡

そうすると、
どんどん自分に愛着が湧いてきます♡

すぐに自信は持てなかったとしても、
慈しんだ分だけ、
愛おしさが増してきます♡

まるごと自分自身が難しいなら、
まずはパーツからでもいいと思います。

自分を丁寧に扱うこと。
その感覚を少しづつ刷り込んであげてください。

そうすると不思議と、
「自分は丁寧に扱われる存在なんだ」
と思えるようになり、
「他人からもそのように扱われる存在」
になって行きます。

そして他人から丁寧に扱われることによって
培われたココロの潤いは、
他人にも同じように
ココロの潤いを与えられるようになるのです。

自分を慈しむために労力を使ってみる♡

これは老若男女問わずオススメ(笑)
ちょっと騙されて、
お試しになってみてください♥

関連記事

  1. 「出来事」には「事実」しかない

  2. カラダの声を聴く

  3. 愛情ホルモン

  4. 怖れを乗り越えるのは信頼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ

友だち追加