「痛み」に強い?弱い?

Sensual Life.com へようこそ。

Sensual Life ナビゲーター の Kuniho です。

前回の投稿でお話したのですが、
わたくし個人的に、昨年2018年初頭より

「いろんなところを柔軟にする♡」化計画

を、遂行しております。

なぜ「柔軟」にこだわったのか?

それは「柔軟」こそが、
この世の最強だと思ったから♥

「ONE PIECE」のルフィも「ゴムゴムの実」だし(笑)

ですが、
これについては、またの機会に。

その抱負を掲げた瞬間に、
まず始めたのが我流の柔軟体操。

でも我流のせいなのか、
なんともならなかったのが股関節。
これっぽっちも開く気配がない…。

1年半取り組んで無理なら、
もうプロにお願いするしかないなと、
プロのトレーナーにお任せっきりにできる
「開脚ストレッチコース」
というものに通い出しました。

先日、担当トレーナーが不在だった時、
別トレーナーがわたしのカルテを持っていたので、
気になってカルテをチラ見をしてみたら、

①痛みに弱い
②甥っ子と仲良し

と書かれていたんです!

わたしは思わず、

「わたし痛みに弱くありません!!
痛みには人一倍強いんです!!!!!」←
気分は5倍

いや、そっちかい💦
と、多くの人に突っ込みを入れられましたが(笑)

そうなんです!
「痛みに強い」というのは、
わたしにとって最大の武器
くらいに思っていたので、
これは沽券に関わる問題でした(真剣)

わたしは生まれつき心臓に疾患があったり、
学童時には小児てんかんがあったりと、
「痛み」とか「不快」な感覚が、
ごく当たり前にあったんです。

だから「痛み」には慣れっこだったし、
わたしの調子に親が敏感になるので、
いちいち「痛い」とかの不快アピールは
あえて控えていた記憶があります。

大人になってからも、
別件で病院に行ったら、

「即、入院手術!」

と、言われて開腹手術した経験が2度(笑)

いつも別件で病院に行く、
自分を褒めてあげたかった♡

「それは鈍感なんじゃなくて、
我慢できる人なだけだよー」

と、根本裕幸カウンセラーに指摘され、
「へ?」と思ったのが12年前。

それからは学んで癒されて、
今では根本裕幸氏の弟子一期生にもなっちゃって。

「思考を止めて 感じましょう」

とか言って、

「センシュアルライフナビゲーター」

とまで名乗ってるのに。

いい加減に、
思考も執着も手放せて
「感じる」ことが大のお得意に
なってこれたのだと思ってたのに。

「痛み」に強いわたし

には、執着していた!!!!!←5倍だったから?

こんな一件があって、
「痛み」も
ちゃんと人一倍敏感に感じて
それもちゃんと表現できるように
なっていたことに気づいたわたくし。

癒しは順調に進んでいる模様です♥

関連記事

  1. 愛情ホルモン

  2. 愛情ホルモン②

  3. 今を生きる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブページ

友だち追加